悩むピアノ講師のぶろぐ

内閣府参与 湯浅誠氏が辞任 「一区切りがついた」として(毎日新聞)

 菅直人副総理兼財務相は5日、湯浅誠・内閣府参与が同日付で辞任したことを明らかにした。湯浅氏は08年末から09年初めに日比谷公園に設けられた「年越し派遣村」の村長として知られる。

 菅氏は民主党代表代行時代に派遣村支援に奔走。政権交代後の昨年10月、雇用問題の助言を得るため、湯浅氏を参与にしていた。年末年始の失業者対策として、ハローワークを拠点にした「ワンストップ・サービス」の実現に取り組んだ湯浅氏だが、今年に入り「一区切りがついた」として菅氏に辞意を伝えていた。菅氏は「慰留したが、本人の強い意向があった。トラブルではない」と説明した。【坂口裕彦】

【関連ニュース】
年越し派遣村の経験。労働者支援に生かすには。
公設派遣村:退所後に住まい確保502人
女性たちが訴える派遣労働の問題点とは。
貧困ゆえに低学力、意欲向上どう導く
クローズアップ2010:「山本病院」業過致死容疑逮捕 貧困ビジネス荒稼ぎ

入れ歯安定剤を自主回収=亜鉛で副作用の恐れ−英グラクソ(時事通信)
<事業仕分け>「7基準」該当は3852法人(毎日新聞)
野菜大好き!「植物工場」にハマッた美人研究者(産経新聞)
子宮頸がんワクチン、公費助成を=女優仁科さんら実行委設立(時事通信)
<ソ連抑留>新たに死亡者119人を特定 ロシア資料から(毎日新聞)
[PR]
by uhafhblhy0 | 2010-03-11 16:32
<< 蓮池薫さん、新潟大の博士前期課... 雨の啓蟄、飛来する春…チョウ乱... >>